2013年4月15日月曜日

棚卸し (BitBucket編)

引き続いて BitBucket 編。 BitBucket は(最近は Git も扱えるけど) Mercurial のレポジトリ置き場。

その1: mft_experimental
現在自分の普段使いの OS は Mac OS X なのだが、パッケージマネージャーには Gentoo Prefix を使っている。 それの自分用オーバーレイ。 一時期よりは管理している(独自にパッチを当てたりしている)パッケージが減ってきた。

その2: csggraphenum
どちらもグラフ列挙用のプログラム。 csg は阪大にいたときに間に合わせで作った Python プログラム。9頂点が限界。 graphenum は NII 時代に宇野先生と考えたアルゴリズムの実装で、Python 実装と C 実装があるが、メインは C 実装。 11 頂点まではいけることを確認している。 もう少し速くなると良かったんだけど。

その3: nxbimatch
2部グラフのマッチングを列挙するプログラム。 最大マッチングと完全マッチングの列挙ができる。 グラフ自体は NetworkX という Python のグラフライブラリのものを使っている。 マッチングを一つ探すようなプログラムは良くあるが、列挙するものは見掛けないので自分で実装した。

その4: hcp
これは GAE編 その2 の Hilbert class polynomials の実装を公開しているもの。 Google App Engine を公開データベースとして使うサンプル、ぐらいの気持ち。

ニッチなプログラムばかりだ。